出会い系アプリで知り合ったバツイチ熟女との関係

以前に千夏さんという人妻熟女と遊んだことがあります。年齢は43歳でバツイチ、近所に別れた旦那さんと2人の娘が住んでいますが、千夏さんはマンションに独り暮らしをしています。

私が千夏さんと知り合ったきっかけは某出会い系サイトの“ランチディナー”の掲示板でした。「ディナーに誘って下さい。」との書き込みに返信したところ、アプローチに成功しました。

千夏さんの家が立川市だったので、吉祥寺駅で待ち合わせをして、雰囲気のあるイタリア料理店に連れて行きました。千夏さん印象は、自己主張が強くて結婚には向かない性格だったので、バツイチなのも納得でした。見た目は年齢より若く見え、ニコッとした笑顔が可愛い女性です。その日は2時間近くお店に居たと思います。楽しく話をさせてもらい、その日は食事のみで別れました。

後日、お礼ということで携帯に連絡が入りました。千夏さんの家に招待されて手作りの料理を食べさせてもらうことになり、ある土曜日の夕方に千夏さんのマンションを訪問しました。中に入ってみると女性らしい小綺麗な部屋です。作ってくれた料理は、手の込んだ料理かと思いきや、割りと簡単に作れるすき焼きです。一緒に食事を食べてからは、軽くお酒を飲んで会話を楽しみました。終電の時間になりましたが、あえて帰らずに部屋に残り、終電が過ぎた頃に「終電調べたらもう無い!」ととぼけました。「絶対わざと見送ったでしょ。」と図星な指摘をされましが、結局千夏さんの家に泊めてもらえることになりました。

千夏さんはベッド、私はこたつで寝たのですが、すぐに「久々に人の温もりを感じて寝たい。」と声をかけられたので、一つのベッドで一緒に寝ることになりました。そうなると流れは決まったようなもので、こちらからいたずら半分に迫ってみると、拒否されますが本気では嫌がってはいない様子。そのまま迫り続けると、途中から体を委ねてくれてました。後は無抵抗の千夏さんを抱くだけです。その日は千夏さんと会うのが2回目でしたが、早々に男女の深い仲になることができました。

翌朝、真剣に交際を申し出ましたが、「一度結婚に失敗してからは、恋愛は懲り懲り。むしろ体を許し合える男友達が欲しい。」という希望によって、友達以上恋人未満の微妙な関係に落ち着きました。それ以降、月に1~3回のペースで千夏さんの家に遊びに行ったり、軽くデートに出掛けたりするようになりました。もちろん体の関係も継続させてもらっています。